タグ:Kevin Schwantz

  • ペドロサ

    マルケスとペドロサの違い 新解明国語辞典

    まるけすとぺどろさ【マルケスとペドロサ】 光と影、明と暗の代名詞。 詳細はこちら マルケス ペドロサ 通常はググった通りだと思いますのでリンクで済ませます。 彼らに勝ちたかったら、自分の目を信じま…
  • シュワンツ乗り(新解明国語辞典)

    シュワンツ乗り【しゅわんつのり】 ご存知ケビン・シュワンツの走法。 手足が長いことにより見た目のライディングフォームに特徴があるため、 走法ではなくその見た目だけを指すことが多い。 同じ乗り方のスパーライ…
  • パッシングフォーム

    パッシングするときに適したフォームがあります。 ポイントは二つです。 ・成功率 ・転びにくさ 当たり前といえば当たり前ですが、通常の走行時より神経を使うことが必要となります。 具体的には、 普段よ…
  • 転倒しやすい乗り方、転倒しにくい乗り方、勝つための乗り方

    身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、 身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りということになります。 平均的な方は「マイケル・ドゥーハン」乗りで、 天才的な方は「フレディ―・スペンサー」乗りで行きましょう。
  • 「理想のステアリング」 左右の腕の役割

    コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステアリングで支える場面があります。 というよりステアリングに無用な力を加えてしまうことがあります。 減速、加速時に限らず…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その3

    その3です。 レース目的でのラインの話題では、一般的な「理想のライン」は、そのゾーンをより短時間で走るために、侵入はアウトギリギリから、クリッピングではインギリギリまで、脱出はアウトギリギリだと思います(もちろん例…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源

    もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。 そこのポイントにたどり着く前の、走りの次元、完成度を高めることが出来なくなるからです。 このラインが正しいかどうかを判断する機会も失われます。 また繰り返し間違ったラインを通り続けることの様々な弊害も考えられます。

新着記事

  1. ライディングフォームとステアリングと転倒率

    転倒が続くと脱落していくのは年配ライダー 転倒率は低いに越したことはありません。 という…
  2. ニュートラルポジションの重要性

    セッティングとライディングにおけるニュートラルポジションの重要性

    ニュートラルポジションの重要性 セッティングに迷った時にはその場その場で対応するのではなく、初期値…
  3. 車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みを構築することで、犯行から取り合押さえまでパッケージ化された対策を練り、具…
  4. 内足荷重と外足荷重のその正体 ~体幹乗りの勧め

    内足荷重と外足荷重 体幹荷重ができるようになると、内足荷重と外足荷重の正体というか、具体的な役割や…
  5. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  6. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  7. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  8. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  9. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  10. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
HMV検索
検索する

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »