プロフィール

 

十数年前に一緒に活動していた友人(二輪ライダー)が、未だレースに参加しているということを知り、その友人のためにこのサイトを作りました。
二輪ライダーは効果的な練習がなかなかできないので、四輪で練習し基本テクニックを習得しようという目論見です。
ズバリ、チャンピオンねらいです

内容は、基本的かつ重箱の隅をつつくような細かい、またハイレベルな内容ですが、二輪と四輪の関係なく、初心者でも、プロの方でも十分参考になる内容と思っています。
何より街乗りで乗っている車があれば追加の投資は一切いらず、大変安上がりにドライビングテクニックが習得できる内容がウリです。

プロフィールは、
ドライビングテクニックということで車ネタですが、四輪のレース経験はありません。
お遊びカートの経験はありますが、総ドライビング時間1時間くらいで、左足ブレーキができないので、レコードタイムまでは及びません。

1990年代に二輪のレースしてました。
トップグループのポテンシャルなバイクに乗っていなかったので、一般的なレコードラインではタイムが出ないので、異なるアプローチでコースレコードも何回か更新してました。しかし相性の悪いサーキットは予選通過も危ないくらいの腕前でした。

理屈づめの始まりは、さらに15年ほど前に、サーキットを走るための練習を始めましたが、峠では恐怖感のみが植えつけられるので、ジムカーナに切り替えました。
ジムカーナでは白バイと一緒に練習させてもらったこともあります。
フロントタイヤからスキッド音を出してコーナリングすることが出来ました。これを出来る人に会ったことはありません。
晩年にはダートトラックも練習に取り入れました。
ダートトラックもロードのための貴重なの情報を入手することが出来ました。

理屈好きだったので理論的な面での知識が蓄えましたが、ライダーはそもそもそんなもの必要なく好き勝手に走りたいようで、また小難しいので理解されることは少なかったです。

それから10年以上、未だに役に立ちそうなのでぼちぼち記録を残そうとこのサイトを始めました。
引退後、街乗り中に些細なことからヒントを得、さらに理論武装を進めたことも一因です。

※用語とか文法とか気にしないで投稿していきます。
時間的にきりがないので毎投稿30分以内と決めました。
随時修正しますのでご指摘をお願いします。

Bookのおすすめが古く、入手できないものばかりですいません。

管理人(superjetter)への連絡はコメントか、以下のアドレスまでお願いします。
mirai@superjetter.com

 

新着記事

  1. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  2. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  3. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  4. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  5. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  6. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
  7. 肘はライディングのバロメーター

    様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
  8. リーンアウトの仕方

    リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  9. 切り返しとジャイロ効果を極める

    切り返しとジャイロ効果 コーナリングのパフォーマンスがタイヤで決定づけられているとしたら、誰が乗っ…
  10. 立ち上がりのラインは加速重視一択なのか? ラインは誰が決めるべきなのか

    最終ラップの攻防! という、聞こえはいいが「たいしてグリップが良くない割に耐久力もない」という切な…
HMV検索
検索する

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »